優れている機械|フランチャイズに加盟して飲食店や塾を経営|経営を安定化させる手段

フランチャイズに加盟して飲食店や塾を経営|経営を安定化させる手段

メンズ

優れている機械

スーツの男女

レジスターの類似品や競合品について

レジスターの歴史は古く、100年強ほど前から一般消費者との商取引において必要不可欠のものであり、電卓機能だけでなく、POS機能が付いたレジスターでは、売り上げ管理も出来るため、特にチェーンストアではではその役割は高く、多機能化が進んでいる。ただ、昨今ではレジの投資コストを勘案して安価で投資が出来るものもできてきた。それまではレジスターにかわるものは、手提げ金庫で釣銭を用意して電卓で計算するといった方法での消費者との相対取引をする原始的なやり方であり、レジスターを脅かすものではなかった。それがここ2、3年の間で非常に進歩した。コイニーやペイパルなどといった個人が保有しているスマートフォンやタブレット端末にアダプターを付けるだけでクレジットカード決済にまで対応できる優れものである。

他の類似品とのコストについて

レジスターについては、POS機能が付いているものであると通信インフラが必要であるので数台だけの設置となると1台当たりのコストは数十万円近いイニシャルコストがかかることになる。チェーンストアなどで何百台も設置し、スケールメリットがある事業者については資金繰りにも余裕があるので問題ない。だが、個人事業主の商店などでは開業資金に占めるレジスター周りの金額は非常に高くなり、少しでも開業資金を抑えようと考えている個人事業主には頭の痛い問題である。それを解決するのが上で触れたコイニーやペイパルであって、クレジットカード決済にも対応出来、更に別途の通信インフラや余計なレジスターを購入するコストが掛からないだけでなく、レジと違って場所をとらないということも非常に魅力である。この有効性を勘案すると、今後は大規模なチェーンストア用のレジスターと小規模店舗用のタブレット端末という2極化がすすむと考える。